T&D

おんどとりJr. TR-55iシリーズ(電圧・4-20mA・パルス)

クリックすると縮小します

おんどとりJr. TR-55iシリーズ(電圧・4-20mA・パルス)

画像をクリックすると拡大します

TR-55iシリーズ本体のみ防水仕様。付属の入力モジュールに防水性能なし
記録容量:16,000件。データ収集機、無線、光、WebStrage

送料/代引手数料無料 本体のみ FAX注文 お問合せ 見積依頼
製品名 測定範囲 価格
商品コード ON-55i-V
おんどとりJr.TR-55i-V(電圧)
DC0-22V 税別 17,500円
(税込 18,900円)
商品コード ON-55i-mA
おんどとりJr. TR-55i-mA(4-20mA)
0-20mA 税別 17,500円
(税込 18,900円)
商品コード ON-55i-P
おんどとりJr. TR-55i-P(パルス数)
0-61439 税別 13,800円
(税込 14,904円)
商品コード ON-50U2
標準在庫
コミュニケーションポートTR-50U2(収集機)
税別 12,000円
(税込 12,960円)
商品コード ON-57DCi
データコレクターTR-57DCi(収集機)
税別 23,140円
(税込 24,991円)
おんどとり TR-55i-V おんどとり TR-55-mA おんどとり TR-55i-P

小型データロガーTR-5iシリーズは、温度、電圧、4-20mA、パルス数を測定・記録するデータロガーです。ロガー本体は防水仕様で-40~80℃の多様な環境下で使用できます。
 また、電池駆動のため設置場所を選びません。 記録したデータは別売のコミュニケーションポートTR-50U2、もしくはデータコレクタTR-57DCiのどちらかを経由してパソコンに転送でき、グラフ表示・データ解析が可能です。 データコレクタを使用すれば、データロガーを回収することなく現場でのデータ収集・閲覧も可能です。

コミュニケーションセットTR-50U2

USB通信ケーブルとソフトウェア


データコレクターTR-57DCi

設置場所からデータロガー本体を回収することなく、現場にてデータ収集や記録されているデータのチェックが行えます
単体でTR-50U2購入の場合は送料がつきます。

おんどとりTR-55i-TC データロガー小型防水温度計の特長

置く場所を選ばない小型防水タイプ

 コンパクトサイズで置く場所を選ばないデータロガーです。防水・防塵性能と頑丈なボディで過酷な環境下での測定が可能です。
 TR-51iは温度センサ内蔵タイプで、より防水性が高く、応答性が緩やかですので、屋外や輸送荷物に同梱するなどの測定用途に適しています。
 TR-52iは外付け温度センサタイプで汎用性が高く、比較的早い応答性が要求される測定用途に適しています。
 TR-55iには温度以外に電圧・4-20mA・パルス数の計測・記録ができるタイプがあり、入力モジュール接続時に本体が防水となります。

*TR-55iの入力モジュールには防水性能がありません。

幅広い測定温度範囲

 TR-51iは-40から80℃、TR-52iは-60から155℃までの温度測定、記録ができます。
 また、TR-55i-TCは-199から1700℃、TR-55i-Ptは-199から600℃という広範囲の温度を測定、記録することができます。

最大記録データ数は16,000個

1台につき16000個の記録データを保持します。記録間隔は1秒から60分までの間で15通りから選択できます。記録間隔10分で111日分の連続記録ができます。

省電力設計で電池長寿命

TR-51i/52iは省電力設計で約4年間の連続動作が可能です。電池交換の時期になるとサインでお知らせします。未使用電池で通信回数が月4回の場合、電池寿命の目安は以下のとおりです。


TR-51i / 52i
記録間隔 1秒 2秒 5秒 10秒以上
電池寿命 約18ヶ月 約2年 約3年 約4年

*電池交換のサインは電池使用時間の積算によります。上記期間より早めに表示されます。
*電池寿命は測定環境、記録間隔、電池性能、赤外線通信の禁止/許可により異なります。
赤外線通信を有効に設定した場合、インバータ式照明の下では電池寿命が短くなる場合があります。

TR-55i
型番 記録間隔 1秒 記録間隔 10秒以上
TR-55i-TC 約6.5ヶ月 約14ヶ月
TR-55i-Pt 約10ヶ月 約24ヶ月
TR-55i-V 約16ヶ月 約16ヶ月
TR-55i-mA 約16ヶ月 約16ヶ月
TR-55i-P (入力オープン) 約24ヶ月
TR-55i-P (入力ショート) 約16ヶ月

*電池交換のサインは電池使用時間の積算によります。上記期間より早めに表示されます。
*TR-55i-V, TR-55i-mAで平均値記録機能を有効にした場合、実際の記録間隔に関係 なく
記録間隔1 秒のときの電池寿命と同等になります。
*電池寿命は測定環境、記録間隔、電池性能、赤外線通信の禁止/許可により異なります。
赤外線通信を有効に設定した場合、インバータ式照明の下では電池寿命が短くなる場合があります。

様々なセンサでの計測に対応 (TR-55i)

TR-55iは付属の入力モジュールに、各種センサを接続することができるため、多種多様な測定項目に対応できるようになりました。

*TR-55i-Ptに接続するPt100センサは、弊社でも作製を承ります。詳しくはオプションをご覧下さい。

選べるデータ収集機

TR-5iシリーズの記録データを吸い上げるにはデータ収集機が別途必要です。

  • コミュニケーションポート (TR-50U2)
  • パソコンに接続したコミュニケーションポートの上にデータロガーを載せ、データの吸い上げ・設定を行います。

  • データコレクタ (TR-57DCi)
  • パソコンに接続せず単独でデータの吸い上げが可能で、現場からデータロガーを回収する必要がありません。吸い上げたデータはその場でグラフ表示して確認することができ、複数台から収集したデータは後でまとめてパソコンに転送できます。

  • 対応データ収集装置
  • TR-51i / 52i
    コミュニケーションポート:TR-50U2/TR-50U/TR-50C
    データコレクタ:TR-57DCi/TR-57U/RTR-57U
    携帯電話:NTTドコモ製動作確認済み携帯電話

    TR-55i
    コミュニケーションポート:TR-50U2/TR-50U
    データコレクタ:TR-57DCi

*TR-55iは携帯電話によるデータ吸い上げができません。
*TR-51i/52iはデータ収集に使用する機器により、使用できない機能があります。
詳しくは以下の比較表をご確認ください。


TR-51i/52iデータ収集機別対応機能の比較表
*ソフトウェアT&D Recorder for Windows Ver.2.30以降をご使用ください。
*TR-50C/TR-57U/TR-50C/RTR-57Cは生産終了品です。
- 記録開始 データ
吸い上げ※1
指定データ
吸い上げ
警報監視機能 アジャストメント機能 高速データ通信 アプリケーション自動起動
TR-50U2
TR-50U
TR-57DCi ×
TR-57U ○※2 ○※2 × ×
RTR-57U ○※2 ○※2 × ×
TR-50C × × × ×
TR-57C × ×
RTR-57C × ×
携帯電話 × ○※3 × × ×

※1 TR-51i/52i 1台あたりのフルデータ(16,000個)を吸い上げる時間はデータ収集機によって異なります。
※2 お使いいただいている本体が下記対象シリアルナンバーの場合、記録開始、指定データ吸い上げがご利用になれません。
ファームウェアのアップデートにより対応可能ですので、お問い合わせください。
シリアルナンバーはデータコレクタ背面のシールに記載されています。
TR-57U: シリアルNo. 000001~001393
RTR-57U: シリアルNo. 8000000~8004500
※3 吸い上げた記録データ上で警報発生の有無は確認できますが、上下限値の設定はできません。

警報監視機能とアジャストメント機能

あらかじめソフトウェアで上限値/下限値と判定時間を設定しておくと、警報LEDの点滅とメッセージで知らせます。警報はデータを吸い上げるまで継続されますので、発生を見逃すことがありません。

アジャストメント機能

TR-5iシリーズ(TR-55i-Pを除く)には測定値の補正機能があります。 >> アジャストメント機能について詳しく見る

携帯電話を使ってデータ吸い上げ・送信 (TR-51i / 52i)

TR-51i/52iは、携帯電話の赤外線通信機能を使って記録データを吸い上げることができます。吸い上げたデータはメモリカードに保存されます。記録データはEメール送信・FTP送信・"おんどとりWeb Storage"への送信が可能です。

*TR-55iは携帯電話によるデータ吸い上げができません。
* 携帯電話で記録データを吸い上げる場合でも、別途コミュニケーションポートかデータコレクタが必要です。
* 携帯電話は動作確認済みの推奨機種をあらかじめご確認ください。対応携帯電話機種一覧を見る
* 携帯電話専用アプリ"TR-5iモバイル"は無償でダウンロードできます。携帯アプリのダウンロード

小型防水温度データロガーTR-55iシリーズの用途

    • ボイラー、焼却炉、溶鉱炉の温度管理
    • 流量計、圧力計、電力計、分析計などの計装・計測装置の記録
    • 工場内の装置や設備の計装信号を記録・管理
    • 出力パルスの計測

    おんどとりTR-55i-TC データロガー小型防水温度計の仕様

    - TR-55i-V TR-55i-mA TR-55i-P
    測定要素 温度 1ch 4-20mA 1ch パルス 1ch
    測定範囲 0~22V 0~20mA
    (40mAまで動作可能)
    入力信号
    ・無電圧接点入力
    ・電圧入力 (0~27 V)

    検出電圧
    Lo: 0.5 V以下
    Hi: 2.5 V以上

    チャタリングフィルタ:
    ON: 15Hz以下
    OFF: 3.5kHz以下
    測定精度 ±0.5 mV + 読み値の0.3 %
    (10~40℃)
    ±1 mV + 読み値の0.5 %
    (-40~10℃ / 40~80℃)

    ( ) 内は入力モジュールの環境温度です。
    ±0.05 mA + 読み値の0.3 %
    (10~40℃)
    ±0.1mA + 読み値の0.3 %
    (-40~10℃ / 40~80℃)

    ( ) 内は入力モジュールの環境温度です。
    測定分解能 400mVまで0.1mV,
    800mVまで0.2mV,
    999mVまで0.4mV,
    3.2Vまで1mV, 
    6.5Vまで2mV,
    9.999Vまで4mV,
    22Vまで10mV
    0.01 mA
    データ記録容量 16,000個
    記録モード 1,2,5,10,15,20,30秒 1,2,5,10,15,20,30,60分 (15通りから選択)
    記録モード

    エンドレス(記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)

    ワンタイム(記録容量がいっぱいになると記録を停止)

    液晶表示 測定値、記録状態、電池寿命警告、その他
    通信インターフェイス 光通信:独自プロトコル
    赤外線通信:IrPHY 1.2 省電力方式相当
    電源 リチウム電池(LS14250)×1(※1) (CR2使用可能)(※2)
    電池寿命※3 約16ヶ月
    赤外線通信有効時
       -約11ヶ月
    約16ヶ月
    赤外線通信有効時
       -約11ヶ月
    約16~24ヶ月
    赤外線通信有効時
      -約11~18ヶ月
    本体寸法 H62×W47×D19mm(突起部、入力モジュール含まず)
    本体質量 約55g(電池含む:入力モジュール含まず)
    本体動作環境 -40~80℃
    防水性能(※4) IP64(防まつ型、生活防水)
    ただし入力モジュールには防水性能はありません
    付属品 入力モジュール
    (VIM-3010)
    入力モジュール
    (AIM-3010)
    入力モジュール
    (PIC-3150)
    リチウム電池 LS14250, ストラップ,
    取扱説明書 (保証書付) 一式
    データ吸い上げ対応機種 コミュニケーションポート: TR-50U2, TR-50U
    データコレクタ: TR-57DCi

    *1:付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換には低温電池セット (TR-00P2) をお求めください。
    *2:CR2を使う場合は-20~60℃の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
    *3:電池寿命は周辺温度、記録間隔、通信回数、電池性能などにより異なります。本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証 するものではありません。赤外線通信を有効に設定した場合、インバータ式照明の下では電池寿命が短くなる場合があります。
    *4:入力モジュールを接続した状態の防水性能です。


    各部の説明

    1. 液晶表示部
    2. 赤外線ポート
    3. 光通信部
    4. ALM (警報LED)
    5. 電池蓋
    6. 入力モジュール接続ジャック

こちらの製品もいかがですか?- 関連製品 -

おんどとりTR-50U2 コミュニケーションポート

高速速度で全データを吸い上げます。吸い上げたデータは、パソコンでグラフ表示や保存が可能です。ソフトとUSB通信ケーブルつき。

データコレクターTR-57DCi

サーモレコーダ・ボルテージレコーダの記録データを収集するデータコレクタ 設置場所からデータロガー本体を回収することなく、現場にてデータ収集やデータのチェックが行えます