温度データロガーKT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】

NFC通信方式
マイナス80℃~

クリックすると縮小します

温度データロガーKT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】

画像をクリックすると拡大します

■温度精度±0.3℃の高精度モデル。
■測定項目:温度/温度範囲:-80℃~ +80℃
■防水機能:IP67電池寿命:2年リーダー:PaSoRi
※マイナス80℃の低温測定に対応したモデル

送料/代引手数料無料 本体のみ FAX注文 お問合せ お見積り 校正見積り
製品名 価格
商品コード K-155F/EX
温度データロガーKT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】
税別 19,100円
(税込 20,628円)
商品コード Q-KT-155F/EX ※校正書類の宛名をご指定下さい
冷凍用温度ロガー KT-155F/EX 校正証明書付 ※メーカー校正内容: 温度1点(-80℃のみ) ※送料:1500円
税別 38,100円
(税込 41,148円)
商品コード ON-ATCHI-150S
標準在庫
オプション品
アタッチメントAT-150S ※スティックタイプ用
税別 1,400円
(税込 1,512円)
商品コード ON-RC-S380S
標準在庫
オプション品
NFC通信用リーダー RC-S380/S
税別 4,400円
(税込 4,752円)

航空貨物の電子機器の利用に関する「RTCA DO160 Section21 Category M」に適合

センサー内蔵型のカードタイプなので、邪魔にならず壊れにくいロガー


「FeliCa」は「NFC対応ICカード」
ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式


駅の改札口でIC乗車券をタッチしたり、コンビニエンスストアで電子マネーを利用したりするあの技術がデータロガーに搭載


温度データロガー KT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】の特長

超低温の温度管理を確実なものにする電子記録計

マイナス80℃の世界でKT-155F/EXが実現する5つの効果

■ポイント1:購入後3年経った冷凍機は、本当に-80℃まで冷やせますか?
⇒安心した温度管理とともに、適正な保守費用や設備更新で、経費を削減できます。

■ポイント2:冷凍機のふたの開閉は、温度にどのくらい影響するのですか?
⇒データに基づいて、現場の実態に合ったシンプルな運用ルールを作ることができます。

■ポイント3:冷凍機に入れる冷凍品の量は、温度にどのくらい影響するのですか?
⇒データに基づいて、保存可能容量の最大化が計れ、物流原価を下げることができます。

■ポイント4:正常に冷凍されていることを証明するデータは何かあるのですか?
⇒停電など万一何かあった時、たとえ正常であっても何もデータがなければ説得できません。

■ポイント5:過剰に冷やし過ぎて、無駄な電気料や保冷剤を使っていませんか?
⇒電気料・保冷剤・ドライアイスなどの費用を見直し、最小化することができます。

水濡れに強いIP67の防水構造

IP67規格の防水温湿度ロガーは、屋外・雨の中でも使えます。

IP67とは、製品内部に粉じんが侵入しないこと、水深1mの水中に30分間没しても有害な影響を受けないことと、定義されています。


NFC(FeliCa)対応で高いコストパフォーマンス

かざすだけ(タッチ)で高速データ送信、保存ができます!

10cm程度のごく近距離でデータの送受信が可能です。

■FeliCaポート搭載パソコン

■FeliCaポート/パソリ

■国際標準のNFC通信規格なのでスマホやタブレットで使用可能

NFC搭載スマートフォン&タブレット が多く市場にあります

世界中において電波法の制約がありません。

スマホでデータをアクセス可能なので、メールでデータ収集ができ、GPS情報が使えます。

高速判定機能で、適合証明(検査結果)の管理が簡単に可能

タブレットをデータコレクタとして使用することができます。

■測定結果をサーバーへ送信できる利便性

NFC(FeliCa)携帯があれば、測定結果をお客様のサーバへ送信する事ができます。

一括管理もできるためいちいちデータを取り込む手間が省け、非常に信頼性の高いシステムを効率的に運用出来るようになっております。

※サーバはお客様にてご用意していただく必要がございます。

■他端末との抜群な汎用性

NFC(FeliCa)規格が含まれるNFC国際規格はインフラが整っているため、他の端末と連動させることができます。


■置くだけの簡単操作

データロガーを置くだけでデータが自動収集できる簡単操作

リーダにデータロガーを置くだけで、データの収集・確認・検証がパソコン・スマホ・タブレット端末画面上で可能です。

データ一覧を表示・プリント出力できるほか、温度の時間変化を追ったグラフ表示、高速判定画面、記録証明のレポート作成が容易にできます。

■スイッチレス構造

操作部をなくしたスイッチレス構造の機種は振動や衝撃、落下など、外部要因による破損のおそれを少なくするとともに、誤操作、またデータ改ざんを未然に 防止します。

■ データ改ざん防止機能付

記録されたデータの保存形式は、独自のフォーマットを採用、データの改ざんを防ぎます。

別途プレゼン資料用にはCSV形式での出力機能を持っています。

■航空機に搭載可能(RTCADO-160D Section21を取得)

電源を切らずに航空機に搭載可能です。(RTCA規格取得)
電波法を気にせず海外でも使用できます。(NFC通信規格なので)

「Radio Technical for Aeronautics:アメリカ航空無線技術委員会」の略で環境試験分野における電磁干渉に係わる技術基準です。

現在の環境試験分野においてRTCA DO-160D は、ほぼ国際基準と言われ航空機内に持ち込む電子機器は客室・貨物室を問わず、電磁波放射基準を満足している必要があります。


タッチ(かざして)データ収集ができます。メチャメチャ簡単!



温度データロガー KT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】の仕様

測定要素 温度
チャンネル数 1ch
測定範囲 -80℃ 〜 80℃
測定精度 ±0.3℃(-10℃〜50℃) ±0.5℃(-80℃〜-10℃ / 50℃〜80℃)
測定表示分解能 0.1℃
センサ 白金
記録間隔 1分 ~ 255分間隔(1分単位で設定可能)
記録容量 16,000件
記録モード ワンタイム(記録容量がいっぱいになると記録を停止)
ロールオーバー(記録容量がいっぱいになると古いデータを上書きし記録を継続)
液晶表示 測定値・動作表示・電池寿命警告・警告表示・単位
電源 リチウム電池 ER2450TWL 1個 *専用電池になりますのでメーカー問合せ願います。
電池寿命 約1年 (ご利用条件により電池寿命は異なります)
データ保護機能 不揮発性メモリに保存
インターフェイス NFC通信
本体寸法 H34 x W90 x D15mm
本体質量 約45g(電池ER2450TWL 1個を含む)
本体動作環境 -80 〜 80℃ / 0 〜 99%RH
付属品 リチウム電池 ER2450TWL 1個 *専用電池になりますのでメーカー問合せ願います。
取扱説明書(保証書) 1部
電池交換用ドライバー 1本

測定設定やデータの活用にはリーダー(別途お客様でご用意)となる[PaSoRi]及びWindowsパソコン、またはFeliCaポート付きWindowsパソコンが必要です。(FeliCaおサイフ携帯でも可能)

使用可能なパソコン:[OS]Windows 7、[CPU]Pentium300MHz以上推奨、USBポート、CD-ROM(外付け可)


温度データロガー KT-155F/EX【FeliCa(フェリカ)タイプ】のオプション品

アタッチメントがあると便利


FeliCaポート付きPCを用いる場合

現在ご使用のWindows( 7)パソコンにFeliCaポートがあれば別途リーダーライターは不用です。ウオッチロガー専用ソフトをインストール及び設定でロガー設定からデータ読み出し、レポート作成までOKです。


PaSoRiで通信

FeliCa通信機能がパソコンに無い場合は別途FeliCa通信のリードライトが可能な PaSoRiをご購入頂くか、PaSoRiセット商品をご購入頂くとお手持のパソコンでご使用になれます(別途ソフト及びドライバー等のインストールや設定がお客様にて必要です)。


で紹介  (音声が出ます)


NEXUS7の例

データロガーにタッチまたはかざすとこんな画面がでます。


高速判定機能で、適合証明(検査結果)の管理が簡単にできます