サトテック

デジタル照度計TM-204

クリックすると縮小します

デジタル照度計TM-204

画像をクリックすると拡大します

■20万lxまで照度測定が可能。
■非常用の照明装置の照度測定などさまざまな場面で活躍節電時の照度チェッカー
■JIS C1609の規格に準拠、CEマークつき/シリコンフォトダイオード仕様

送料/代引手数料無料 オプション品のみの購入は手配料がかかります。
製品名 価格
通販コード KLX-005-01
標準在庫
デジタル照度計TM-204
セール 税別 13,480円
(税込14,558円)

校正見積りはこちらこの製品は校正証明書の発行が可能です(有償)

デジタル照度計TM-204は、センサ一体型

非常用の照明装置の照度測定に

  • 受光部と表示部が一体化した使い易い設計
  • データホールド機能つきで測定値を止めておくことも可能
  • 20万lxまで照度測定が可能
  • JIS C1609–1993の規格に準拠 CEマークつき
  • 校正証明書、試験成績書、トレサビリティ体系図の発行が可能です。
    (有料/納期約2週間) 見積もり依頼はコチラから

デジタル照度計TM-204の特長

  • 信頼のC.I.E.(国際照明委員会)規格に準拠
  • 最大値、データーホールド機能
  • センサー保護キャップつき
  • ベルト通し用のケースつき
  • 非常照明灯の照度測定に最適
  • 200lxまでの照度を0.1の分解能で

デジタル照度計TM-204の仕様

レンジ 0~200,2000,20000,200000 lx
分解能 0.1,1,10,100 lx
測定精度 ±(5%rdg+4dgt)
センサ シリコンフォトダイオード
表示 3.5桁LCD表示
サンプリング 2.5回/秒
オーバー表示 ”OL”のみ表示
電池 006P(9V)電池x1個
消費電力 約5.3mA
サイズ・自重 本体:55×170×38mm 約190g
付属品 テスト用電池(006P 9V)1個,ベルト通し用のケースつき

照度計の測定で作業能率の向上

照明の質が良く照明方法が適切ですと、照度が高くなり、視力がよくなり物が見やすくなります。
しかし、照度が不足しますと、安全標識の誤認や疲労しやすくなり事故が増加します。

そのため作業する者の安全を確保するために、適切な照度が必要となります。

マンション共用部の照度指針(国土交通省)に適切かの判断に

マンション共用部の照度指針(国土交通省) 平均水平面照度(地上面)
共用玄関、共用メールコーナー
エレベーターホール、エレベーターのかご内
50lx以上(小さな文字が読める)
共用廊下、共用階段 20lx以上(なんとか文字が読める)
駐車場、自転車置場、オートバイ置場
通路、児童遊園、広場、緑地等
3lx以上(なんとか顔が見える)

照度のこと

「照度」とは「光があたっている表面の単位面積当たりの光束の量」のこと。
つまりその場所にどれだけの光が届いているかを示しています。

照度基準に関する法律

(1)労働安全衛生法23条

事業者は、労働者を就業させる建設物その他の作業場について、通路、床面、階段等の保全並びに換気、 採光、照明、保温、防湿、休養、非難及び清潔に必要な措置その他労働者の健康、風紀及び生命の保持のため必要な措置を講じなければならない。

(2)労働安全衛生規則604条(照度)

事業者は、労働者を常時就業させる場所の作業面の照度を、次の表の上覧に掲げる作業の区分に応じて、同表の下欄に掲げる基準に適合させなければならない。 ただし、感光材料を取り扱う事業場、構内の作業場その他特殊な作業を行う作業場については、この限りでない。

作業の区分 基準
精密な作業 300lx以上
普通の作業 150lx以上
粗な作業 70lx以上

(3)労働安全衛生規則605条(採光及び照明)

1. 事業者は、採光及び照明については、明暗の対照が著しくなく、かつ、まぶしさを生じさせない方法によらなければならない。
2. 事業者は、労働者を常時就業させる場所の照明設備について、六月以内ごとに一回、定期に、点検しなければならない。

(4)VDT作業のための労働衛生上の指針

これは法律ではなく労働省通達による指導ですが、これによると、陰画表示のディ­スプレイでは、ディスプレイ画面における照度は500lx以下、書類およびキーボード面における照度は300lxからおおむね1000lxまでとすること