testoテストー

Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ【テストー】

温度
湿度
気圧
CO2

クリックすると縮小します

Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ【テストー】

画像をクリックすると拡大します

温度、湿度、CO2、大気圧センサ内蔵 Wi-Fiデータロガー
博物館からオフィスまで、 Wi-Fiデータロガー testo 160IAQはファシリティマネジメントで必要とされる室内空気品質(Indoor Air Quality)のモニタリングに最適です。

・室内空気品質(IAQ)を監視するために理想的
・ネットワークと常時接続しtestoクラウドと連携します。異常があれば、e-mailでのアラームもしくはSMS(アドバンスライセンス)でリアルタイムに通知します。
・設置と操作が簡単―ディスプレイにより値がすぐ確認でき、赤・青・黄色でアラートを出します。

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼 校正付見積依頼
製品名 価格
商品コード O-TST-05722014
テストー Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ
税別 59,450円
(税込 64,206円)

Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ【テストー】の特徴

室内空気品質は、人々の健康と快適な暮らしに大きな影響を与えます。新鮮ではない空気は、けだるさ、無気力、集中力のなさなどの症状の原因になりえます。Wi-Fiデータロガーtesto 160 IAQで室内空気質をモニタリングし、適切に管理をするサポートができます。


Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQで温度、湿度、CO2および大気圧をモニタリング


Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQは簡単に使用できる温湿度、CO2および大気圧センサ内蔵のモニタリングシステムです。施設内の各部屋の室内空気品質(IAQ)のモニタリングを正確に長期間に渡って行うことができます。

測定データはWi-Fi経由で直接testoクラウドにアップロードされます。もし、設定した上下限の閾値を超えた場合はただちにe-mailもしくはSMS(オプション)によりアラームが送られます。インターネット環境があればPC、タブレット、スマートフォンからいつでも測定データならびにデータ分析を行うことが出来ます。


様々な背景に同調させることが可能― Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ

testo 160 IAQは小さな本体(82 X 117×32 mm)とそのシンプルなデザインにより、展示スペースまたは展示ケース内に設置しても出来るだけ違和感を与えない設計になっています。

別売のカスタマイズデコカバー(オプション)を使えば、データロガーを周囲背景と同調させることができ、美観が崩れるのを防ぎます。お客様に展示品により集中して頂く環境づくりが可能です。


ネットワークと常時接続しtestoクラウドと連携

testoクラウドは本システムの中核で、testo 160 ロガーで測定した重要なデータをWi-Fiを通じてtesto クラウド上に保存します。 本クラウド上で、上下限の閾値等のアラーム設定が行えます。
※ご利用になる前に、事前に登録が必要です。

testo クラウドを使用するにあたって、ソフトウェアのインストールは基本的には不要です。インターネットブラウザ上でtesto クラウドにアクセス、ログインをすると、すぐにデータの閲覧が可能です。

iOSまたはAndroidアプリをインストールすると、アラーム通知機能等が使用できます。お求めの機能に応じて、testoクラウドには無料で基本的な機能が使える「ベーシックライセンス」と、より細かい測定間隔が選択でき、1アカウントに対して10ユーザーまで登録ができる「アドバンスライセンス」の選択ができます。
※クラウドを介さない、ローカルネットワークでの運用にも対応予定です。


博物館、商業施設およびオフィスでのWi-Fiのデータロガーtesto 160 IAQの用途

testo 160 IAQは本体の小ささにかかわらず、混雑する室内においても、確実に測定を行います。testo 160 IAQは博物館・美術館、学校、オフィスの室内空気質のモニタリングが可能です。

また、博物館・美術館では別売カスタマイズデコカバー(オプション)を装着するとデータロガーを周囲背景と同調させることができ、館内の美観が崩れるのを防ぎます。


Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQのさらなる利点および機能

現在の測定値、および設定した閾値の逸脱、そしてバッテリー残量などがロガーのディスプレイに表示されます。室内空気品質(IAQ)の状態はカラーLEDライトが信号機と同様の3色の光りで知らせます。測定データの表示切り替えも設定可能です。

本体の内部ストレージは40,000データで、ハウジング保護等級はIP20に基づいて設計されています。付属のUSB給電アダプタにより稼働されるのが好ましいですが、乾電池(単3 x 4本)でも使用可能です。


Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ【テストー】の仕様

■ 静電容量式湿度センサ

測定範囲

0 ~ 100 %rH (non-condensing)

精度

±2.0 %rH に +25.0 ℃ および 20 ~ 80 %rH
±3.0 %rH に +25.0 ℃ および < 20%rH および > 80 %rH
±1.0 %rH ヒステリシス
±1.0 %rH / 年 (ドリフト誤差)

分解能

0.1 %rH

■ 絶対圧

測定範囲

600 ~ 1100 mbar

精度

±3 mbar に +22 ℃

分解能

1 mbar

■ CO₂測定

測定範囲

0 ~ 5000 ppm

精度

±(50 ppm + 測定値 の 3%) に 25 ℃
外部電源駆動以外の場合:
±(100 ppm + 測定値 の 3%) に 25 ℃

分解能

1 ppm

■温度

測定範囲

0 ~ +50 ℃

精度

±0.5 ℃

分解能

0.1 ℃

■一般テクニカルデータ

外形寸法

117 X 82 X 32 mm

動作温度

0 ~ +50 ℃

保護等級

IP20

測定レート

クラウドライセンスにより異なります。
クラウドライセンスによる; ベーシック: 15分 ~ 24時間 / アドバンスド: 1分 ~ 24時間

Communication rate

クラウドライセンスにより異なります。
クラウドライセンスによる; ベーシック: 15分 ~ 24時間 / アドバンスド: 1分 ~ 24時間

無線LAN接続

無線LAN規格: IEEE 802.11 b/g/n およびIEEE 802.1X
暗号化方式: WPA2 Enterprise: EAP-TLS, EAP-TTLS-TLS, EAP-TTLS-MSCHAPv2, EAP-TTLS-PSK, EAP-PEAP0-TLS, EAP-PEAP0-MSCHAPv2, EAP-PEAP0-PSK, EAP-PEAP1-TLS, EAP-PEAP1-MSCHAPv2, EAP-PEAP1-PSK, WPA Personal, WPA2 (AES), WPA (TKIP), WEP

バッテリ寿命

1年

電源

1.5V 単3乾電池 x 4, AC電源ユニット(USBケーブル付き)

メモリ

32,000 全チャネルの合計

保管温度

0 ~ +50 ℃

質量

269 g

同梱品

Wi-Fiデータロガーtesto 160 IAQ 本体、testoクラウドベーシックライセンス、USB給電アダプタ、単3アルカリマンガン乾電池x4、USBインタフェースケーブル、ロック解除ツール、壁掛けブラケット、粘着テープ、QRコードステッカー、出荷検査書、簡易取扱説明書

Wi-Fiデータロガー testo 160 IAQ【テストー】のオプション (別途お見積りをいたします)

製品イメージ 製品名 概 要

デコカバー

testo 160 TH/ testo 160 THE/ testo  160 E用のデコカバーです。展示品は常にお客様が集中して閲覧する対象物です。カスタマイズ可能なハウジングカバーを使えば、展示スペースにおいて、データロガーを周囲に調和させることができます。

Spare batteries

(無線プローブ用 単3乾電池×4) ※市販の単3乾電池でも対応可能。

壁掛けブラケット

testo 160 TH / testo 160 THE/ testo 160 E/ testo 160 THLの用壁掛けブラケットを使用して、壁面にWi-Fiデータロガーを固定します。