鋼材判別器 サムスチールチェッカー D-200型

鋼材材質チェッカー
異物混入

クリックすると縮小します

鋼材判別器 サムスチールチェッカー D-200型

画像をクリックすると拡大します

異材混入防止に最適な鋼材の材質チェッカー。
ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいときや、材質の異なる鋼材を仕分けたいときなどに活用できます。
本製品は(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けた旧製品(M-100型、D-100型)の準拠品です。

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード K-D200 納期を確認下さい
鋼材判別器 サムスチールチェッカー D-200型
税別 931,000円
(税込 1,005,480円)

サムスチールチェッカーの3大特徴

  • ・非破壊で測定可能
  • ・ポータブル
  • ・熟練不要(1回の測定時間は約5秒)

サム・スチールチェッカーはこんなときに使います

  • 用途①ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいとき。
  • 用途②切断した鋼板などが切断前と同一材であることを確認したいとき。
  • 用途③材質の異なる鋼材を仕分けたいとき。
  • 用途④材質不明の鋼材を推定したいとき。

測定に当たっての注意事項

  • ・鋼材表面の黒皮、錆を除去すること。
  • ・測定箇所の水ぬれはふき取ること。
  • ・鋼材に交流電流が通電していないときに測定すること。
  • ・鋼材温度が5℃~35℃の時に測定すること。
  • ・同一箇所で3回以上測定した値の平均値を取ること。
  • ・測定箇所の鋼材厚さは2mm以上であること。
  • ・測定箇所として急熱急冷された部分を避けること。
  • ・プローブの取り扱いは身長に行いセンサー針を折損することがないよう注意すること。

鋼材判別器 サムスチールチェッカー D-200型の仕様

表示方法 デジタル表示式
外形寸法 140 × 200 × 60 (mm) (本体寸法)
重 量 約2.4kg (本体及びプローブ)
電 源 バッテリー内蔵
仕様温度範囲 0℃~+40℃
測定鋼材温度 5℃~+35℃
保存温度範囲 -10℃~+50℃
湿 度 80%RH以下
連続測定回数 5秒測定で300回
測定可能範囲 軟鋼からステンレスに至る各種鋼材及び合金
構成品 本体、プローブ、バッテリ(本体内蔵)、ケーブル(プローブ用、AC電源用、DC電源用)、キャリングケース、専用充電器、標準サンプル(2種)、棒やすり、サンドペーパー

旧製品であるサムスチールチェッカー(M-100型、D-100型)は(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けており、本製品はそれに準拠した製品です。 [評価番号:BCJ-59-検機1]

関連カテゴリ

検査機器 > 金属判別機