サトテック

騒音計SL-4023SD(データロガー)

クリックすると縮小します

騒音計SL-4023SD(データロガー)

画像をクリックすると拡大します

■データロガー騒音計で記録をとることができます。
■自動で1~3600秒までの測定間隔で設定可能(選択式)(※2秒以上推奨)
■SDカードスロット搭載で市販のSDカードに容量を気にせずデータを残すことができます。
■簡単にPCにデータをエクセルで出力できます。

送料/代引手数料無料 本体のみ FAX注文 お問合せ 見積依頼 校正付見積依頼
製品名 価格
商品コード KSD-001-01
標準在庫
データロガ騒音計SL-4023SD ※SDカードスロット搭載、ケースつき。弊社ではマイク保護用防風スクリーンつき
税別 24,800円
(税込 26,784円)
商品コード KSD-006-01
標準在庫
騒音計校正器キャリブレータCENTER326 ※騒音計の動作確認や校正ために正確な音(94 dB/114 dB)を発生
税別 38,000円
(税込 41,040円)
商品コード K-0913LG
標準在庫
オプション品
ACアダプター AP-209L ※(L用)安定化電源仕様. 長期間の記録に必須。本アダプタ以外を使用しての不具合は保証外。
税別 5,000円
(税込 5,400円)
商品コード VSW-006-02
標準在庫
オプション品
マルチロガー収集ソフトMJ-LOG2 ※リアルタイム集計ソフト+USBケーブル。日本語表示。最大4台の測定器で、最大16チャネルの同時グラフ表示可能。
税別 12,800円
(税込 13,824円)
商品コード K-SD44-2
標準在庫
オプション品
SDカードリーダーSDWH2 ※USB接続を使用したSDカードリーダライタ
税別 1,800円
(税込 1,944円)

騒音計SL-4023SD(データロガー)の用途

環境騒音観測、工事中の騒音、住宅の騒音、ピアノなどの近隣の騒音チェックに

騒音計SL-4023SD(データロガー)の特長

音量測定にこだわった実用的で便利な機能が人気の理由

  • ほぼ無限にデーターを取り続けることができます。
  • どのパソコンからでも取り込めるメリットもあります。
  • SDカードのみをパソコンに持ってくれば、データーがエクセル形式で表示されます。
  • IEC61672クラス2対応。
  • エクセル形式で出力。
  • ほぼ無限にデーターを取り続けることができます。
  • SDカード(1~16GB)にデータ記録、PCにデータ取込が簡単。
  • サンプリング時間は1~3600秒(選択式)(1秒時は最初のデータ落ちあり)。
  • 自動データ記録、手動データ記録可能。
  • データホールド、最大/最小値機能。
  • 三脚にとりつけ、設置が可能。

PCとケーブルを介してRS232通信も可能

A特性一般的な騒音測定に使用
C特性低周波の騒音計測に使用
FAST通常の計測モード
SLOW変動のゆっくりした騒音の計測モード

オプションのマルチ収集分析ソフトMJ-LOG2によって以下のことも可能です。

  • 多点計測
  • 複数計測器の同期計測
  • 最大16チャンネルの同時グラフ表示
  • CSV出力
  • 最大値、最小値表示
  • 分かり易い日本語表示
  • アラーム機能

騒音計SL-4023SD(データロガー)の仕様

測定範囲 30-130dB(3レンジ切替+オート)
Lo 30 ~ 80 dB
Med 50 ~100 dB
HI 80 ~130 dB
オート自動 30 ~ 130dB
分解能 0.1dB
周波数 31.5Hz - 8,000 Hz
周波数補正回路 AまたはC特性
マイクロホン 1/2インチエレクトリックコンデンサーマイクロホン(外径φ12.7mm)
機能 最大、最小値 / ピークホールド / データホールド
自動電源オフ機能
精度 周波数特性の表参照(IEC 61672 class2)
動特性 FASTまたはSLOW
表示 52 x 38mm、大型LCD表示 / バックライト
電源 単3電池x6個 (※充電電池は使えません)
または 別売りACアダプター
出力 データ出力 RS232シリアルインターフェイス
寸法 245(H) × 68(W) × 45(D) mm
重量 約489g
データロガー 自動 測定間隔の設定:
1,2,5,10,30,60,120,300,600,1800,3600秒(選択式)
(1秒時は最初のデータ落ちあり)
手動 1~99点まで記録
SDカード 1GB~16GB 対応
使用環境温度・湿度 使用周囲温度 0-50℃
使用周囲湿度 80%RH以下(結露なきこと)
付属品 防風スポンジ×1、取扱説明書、キャリングケース、単3電池6本
オプション マルチロガー収集ソフトMJ-LOG2、ACアダプター、 校正器(キャリブレータ)
自主管理のための測定器(騒音計)なので、公的な提出書類に数値を記載することはできません。

周波数 (Hz) A特性 C特性 精度
(IEC 61672 class2)
31.5 -39.4 dB -3 dB ±3.5 dB
63 -26.2 dB -0.8 dB ±2.5 dB
125 -16.1 dB -0.2 dB ±2.0 dB
250 -8.6 dB 0 dB ±1.9 dB
500 -3.2 dB 0 dB ±1.9 dB
1 K 0 dB 0 dB ±1.4 dB
2 K +1.2 dB -0.2 dB ±2.6 dB
4 K +1 dB -0.8 dB ±3.6 dB
8 K -1.1 dB -3 dB ±5.6 dB

お客様からのご質問

電池を装着しているときにACアダプターを接続したらどうなりますか?
故障しますか?それとも電源はいずれかが優先となりますか?

電池を装着時にACアダプターを接続しても、故障しません。
また、基本的にはACアダプターが優先されるとご理解ください。

電池を装着していていると共にACアダプタを使用している場合、ACアダプタを外しても電池で日付設定値を保持出来ますか?

電池の容量があれば、ACアダプタを外しても、日付設定値を保持することが可能となりますので、バックアップ電池としての役割もあるものとご理解下さい。

ピークホールドはインターバル(ある時間毎)がありますか?
その設定は可能ですか?可能ならばその変更方法を教えてください。

ピークホールド機能は、「PEAK」の表示されている間にセンサーマイクで検知された最大測定値に常に更新されていきます。 ただし、モニタ上の表示にのみでSDカードには記録できません。

また、設定時もモニタ上に「REC」表示た以降の測定データの最大/最小値を読み出すことはできますが、同様に表示にのみでSDカードには記録できませんのでご了承下さい。

また、SDカードへの記録はどのようにされていますか?
具体的にいうと、間違ってピークホールドでSDに10分程記録したが最初の値(51.1)からマイナス0.1され、それは60秒間隔程でSDに記録しました。このような記録は意味がありません。

SDカードに記録する場合は、設定したサンプリング時間おきの測定値をその都度、SDカードに記録する機能となりますので、任意のサンプリング時の測定値(瞬時値)と次のサンプリング時の測定値(瞬時値)を随時記録するのみですので、その間に最大測定値が生じていたとしても、記録されることはありませんのでご了承下さい。

こちらの製品もいかがですか?- 関連製品 -

騒音計キャリブレータ校正器CENTER326

■騒音計の動作確認や校正のために正確な音 (94 dB/114 dB)を発生する校正器です。 ■1インチと1/2インチマイクに対応。

専用三脚スタンドSD-03

測定用に、写真撮影に便利な三脚。キャリングバッグつき。

屋外用防風スクリーン75MM

屋外用防風スクリーン水しぶきがあるような工事現場や工場などの騒音測定に便利。

パソコン接続セット U801+USB-01

【当製品はオプション品です。対応機種は限定されます】 ■測定器用データロガーソフトウェアです。 ■データ収集ソフトウェア(SW-U801-WIN または SW-U811-WIN)とUSB-01ケーブル…

リアルタイム集計ソフトMJ-LOG2(マルチロガー収集ソフト)

【当製品はオプション品です。対応機種は限定されます】 ・最大16チャンネルの同期記録が可能。長時間連続記録が可能。 ・複数の測定器のデータを同時に記録できるマルチデータロガー管理ソフト ・リアルタイム…

SDカードリーダーSDWH2

■USBケーブルが邪魔にならないコネクタ固定機能付きメモリリーダライタ。 ■アダプタを使用せずに43種類の多彩なメディアを読み書き可能(アダプタを使用すればさらに5種類)。 ■USB2.0ハイスピード…