サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)

クリックすると縮小します

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)

画像をクリックすると拡大します

電池&センサー内蔵USB 2.0コネクタ付きの使い切りタイプ。
薄くコンパクトな本製品は設置する場所を選びません。
使用後は本体をPCのUSBポートに接続させるだけで、自動的にPDF形式レポートが出力されます。
1回使い切りで自動でPDF形式のレポートを作成するため、データの改ざんを防止できます。
ワクチン・医薬品・試薬・生物製剤など温度変化に敏感な製品の輸送時や保管時に、温度変化をモニタリング。
◆温度測定範囲:-30℃~70℃ 精度:±0.5℃

注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード ODL-035-S1
サトテック USB使い切り温度ロガー HJ-UDL-SU 5個セット
税別 11,200円
(税込 12,320円)

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)の特長

最大8640件のデータをPDF形式で保存

使用後に本体をUSBポートに接続させるだけで、PDF形式でレポートとして出力されます。

レポートには閾値超えの有無、温度履歴グラフ、最大値、最小値、平均値、標準偏差、平均動態温度が表示され、温度逸脱の有無など必要な情報が一目で判ります。

記録回数は一度きりで上書き保存はできません。
PDFレポートは閲覧や保存は可能ですが、改ざん防止のプロテクトがかかるため編集はできません。

PDFレポート例

LEDライトでステータスをお知らせ

本体のLEDが点滅し、現在のステータスが一目で判ります。

本体起動時にはLEDライトが緑色に点滅し無事に製品が起動したことをユーザーに知らせます。

アラーム時には赤色に点滅します(アラーム上下限値設定可)。

記録中に手動でタイムスタンプを作成可能(最大6点)

USB2.0対応

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)の使用方法

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)の使用方法

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)の用途

冷凍食品、生鮮食品、魚介類、食肉、乳製品、医薬品、化学薬品、生花など温度管理が必要な製品の保管場所や輸送時の温度継時変化の記録管理に最適。
農業・園芸分野に。
工場、クリーンルーム、機械室に。

サトテック USBワンタイム温度ロガーHJ-UDL-SU(使い切り温度ロガー)の仕様

製品型番 HJ-UDL-SU
タイプ 使い切りタイプ(上書き保存不可)
測定範囲 -30~70℃
精度 ±0.5℃
分解能 0.1℃
インターフェイス USB 2.0
保存データ数 8,640件
出力形式 PDF
記録間隔 30秒、 1分、 2分、 3分、 5分、 10分、 15分、 20分、 25分、 30分、 1時間、
任意設定(10秒~ 59秒)
起動時間 1日~ 360日
スタート 手動
ストップ 手動・メモリフル・ USB接続
アラーム上下限値 ユーザー設定
アラーム シングルモード
スタート待機時間 0分~ 255分
使用環境温度 -30~70℃
保存環境温度 -30~70℃
耐用年数 約2年間
IP規格(防塵防水) IP67 (チャック付きポリ袋密封時)
電源 コイン型リチウム電池 CR2032(交換不可)
サイズ 62mm x 27mm X 4mm
重量 約10g