葉緑素計SPAD-502Plus【コニカミノルタ】

クリックすると縮小します

葉緑素計SPAD-502Plus【コニカミノルタ】

画像をクリックすると拡大します

クロロフィル(葉緑素)量をすばやく簡単に測定!
軽量・ハンディタイプの葉緑素計。

「作物の品質向上」「収量アップ」「肥料の施用量低減」に効果を発揮!

イネの葉、小麦、トウモロコシ、綿花、野菜や果物の農作物、観葉植物など多用途に使えます。

農林水産省の土壌作物育成診断機器実用化事業「SPAD」の開発製品。

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード W-SPAD
標準在庫
葉緑素計SPAD-502Plus【コニカミノルタ】
税別 131,000円
(税込 144,100円)


葉緑素計SPAD-502Plusの主な特長

 葉緑素量を非破壊で迅速に測定します。

測定したい葉を測定ヘッドにはさんで、
閉じるだけで測定できます。

葉を切り取る必要もなく、生育過程中に同じ葉の同じ部分を常に測定できます。

 

トレンドグラフが表示できます。

測定データの時系列変化や、異常値の判断を一目で確認することができます。

ハンディで携帯に便利です。

ポケットにも入るコンパクトサイズですから、戸外での持ち運びにも便利。重さはわずか200gです。

雨の中でも測定可能な防まつ仕様です。

IPX 4(水の浸入に対する保護等級が4)ですから、雨の中での測定も可能です。

省エネ設計です。

発光ダイオード(LED)光源の採用により、消費電力が少なく、しかも長寿命。単3形アルカリ電池2本で20,000回以上の測定が可能です。


葉緑素計SPAD-502Plusの用途

稲、麦、綿、とうもろこしのはかりなどその他いろいろあり


葉緑素計SPAD-502Plusの使い方


葉緑素計SPAD-502Plusの仕様

形式 2波長光学濃度差方式小型葉緑素計
測定方式 2波長光学濃度差方式
測定面積 2mm×3mm
挿入試料厚 最大1.2mm
挿入試料長 12mm(ストップ位置0~6mm 可変ストッパー付)
発光素子 LED2素子
受光素子 SPD1素子
表示 測定値:LCDデジタル4桁表示(小数点以下1位まで)
測定回数:LCDデジタル2桁表示
表示範囲 -9.9~199.9 SPAD
メモリ機能 最大30個までの測定値データメモリ可
メモリデータの平均値演算表示可
測定回数 20,000回以上(新品アルカリ乾電池使用時、当社試験条件による)
測定可能間隔 約2秒
測定確度 ±1.0 SPAD以内
(常温常湿にて、0.0~50.0 SPADの範囲において)
50.0 SPADを超えると“*”表示
繰り返し性 ±0.3 SPAD以内(0.0~50.0 SPADにおいて 
但し、試料の位置ずれは除く)
再現性 ±0.5 SPAD以内(0.0~50.0 SPADにおいて 
但し、試料の位置ずれは除く)
温度ドリフト ±0.04 SPAD/℃以内
使用温湿度範囲 0~50℃、相対湿度85%以下(35℃のとき)、
結露しないこと
保管温湿度範囲 -20~55℃、相対湿度85%以下(35℃のとき)、
結露しないこと
電源 単3形アルカリ乾電池2個
大きさ 78(幅)×164(高さ)×49(奥行)mm
質量 200g(電池別)
その他
警告ブザー付き
任意補正機能付き
標準付属品 ストッパー、ストラップ、単3形電池(2個)、
ソフトケース、リーディングチェッカー

ここに記載の性能および外観は、都合により予告なく変更する場合があります。