東亜ディーケーケー

東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31

クリックすると縮小します

東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31

画像をクリックすると拡大します

河川・湖沼などの一般環境水、および工場排水・工事排水などの濁度測定に最適。
・浸漬型センサ:フィールドでの簡易モニタリングが可能
・省電力:単3形アルカリ乾電池2本で連続120時間測定
・防水構造(IP67:1m、30分浸漬可):フィールド測定に安心
・ロングインターバルメモリー機能:長い記録間隔で測定可能

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード W-TB31 納期を確認下さい
東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31 標準濁度センサ(ケーブル長2m)付属
税別 197,000円
(税込 216,700円)
商品コード W-TB31-0
東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31 本体のみ
税別 96,800円
(税込 106,480円)
商品コード W-TB31-P11
東亜DKK 濁度センサ(ケーブル長11m) ELL-011-11m
税別 136,800円
(税込 150,480円)
商品コード W-TB31-P30
東亜DKK 濁度センサ(ケーブル長30m) ELL-011-30m
税別 164,800円
(税込 181,280円)
商品コード W-TB31-P50
東亜DKK 濁度センサ(ケーブル長50m) ELL-011-50m
税別 200,600円
(税込 220,660円)

東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31の特長

■低濃度領域の信頼性向上

低測定レンジでの繰返し性は±0.5NTUと当社従来品に比べ信頼性が大幅に向上いたしました。

■省電力設計

単3形アルカリ乾電池2本で連続約120時間の測定が可能です。

■浸漬測定で簡易モニタリングが可能

センサをサンプル水に直接浸漬し測定。短時間(24時間以内)の濁度のモニタリングに活用できます。

*1 本センサは洗浄機能を有していません。水質、使用条件により連続測定が制限されます。

*2 水深10m以上での連続測定は推奨できません。

■1000データのメモリー機能搭載

一定時間毎の自動メモリーも可能。

・ショートインターバルメモリー機能:1秒~99分59秒

ロングインターバルメモリー機能:2分~99時間59分
( ロングインターバルメモリー機能では、1分間の測定後、次の測定まで電源はOFF(スリープ状態)になります。)

■優れた拡張性(パソコン、外部プリンター、記録計などに接続可能)

測定データをテキスト形式にてパソコンに取り込むための専用データ集録ソフトを用意しております。

東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31の用途

河川・湖沼などの一般環境水の濁度測定

工場排水・工事排水などの濁度測定

東亜DKK ポータブル濁度計 TB-31の仕様

測定方法 近赤外90度散乱光測定
測定範囲 濁度※1 0.0~80.0   NTU(mg/L)
0~800        NTU(mg/L)
レンジ切換:自動/手動切換
温度 0~50.0℃
表示範囲 濁度 0.0~88.0   NTU(mg/L)
0.0~880     NTU(mg/L)
温度 −5.0~110.0℃
繰返し性 濁度 ±0.5NTU以内(0.0~80.0NTUレンジにて)
±5NTU以内(0~800NTUレンジにて)
一定条件でのホルマジン標準液測定において
温度 ±0.5℃以内
センサ水深 50m以内(0.5MPa相当)
外部出力※2 ・RS-232C(非絶縁):パソコン または 外部プリンター EPS-P30(オプション)
・アナログ出力(非絶縁):濁度、温度、レンジの3出力
防水構造(本体) IP67(センサ接続時および外部入出力部マスク時有効)
*1m、30分浸漬可
性能保証温度 0~45℃
(オプションのACアダプター、外部プリンター使用時 0~40℃)
電源 単3形アルカリ乾電池/ニッケル水素電池 2本
または専用ACアダプター(6VA オプション)
消費電力(電池(3V)使用時) 約0.05W
外形寸法 本体:約68(幅)×35(高)×173(奥)mm
センサ:約φ30×240mm
質量 本体:約280g(電池含む)
センサ(ケーブル長2m):約400g
標準付属品 濁度センサ ELL-011(ケーブル長:2m)(一式セットご注文時のみ添付)
保護カバー(ショルダーベルト付き)、
単3形アルカリ乾電池(サンプル提供品)(2本)、取扱説明書

※1 ホルマジン標準液により校正した場合の濁度をNTU、カオリン標準液により校正した場合の濁度をmg/Lとして表示。
(SS濃度は測定できません。)

※2 RS-232Cインタフェースとアナログ出力を同時にご使用になる場合は特殊仕様のケーブルが別途必要です。詳細はお問い合わせください。
サンプルが接地されている場合、RS-232Cおよびアナログ出力は絶縁してご使用ください。