サトテック

コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器

クリックすると縮小します

画像をクリックすると拡大します

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX 各種お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード SNP-005-01
即納
本体保証つき
コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器 ※日本語取扱説明書、ヘッドホン、エアプローブL50、アコースティックホーン、方向チューブ、延長ケーブル、ネックストラップ、キャリングケース
税別 380,000円
(税込 418,000円)

コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器の特長

デジタル超音波設備診断器 SNP-PK は、パイプ内のガス、液体、固体の動きや摩擦や漏れにより発生する超音波(約40kHz)を可聴音に変換し、ヘッドフォンからの出力音で確認できる検知器です。
超音波の大きさはディスプレイに数値(単位:dBμV)で表示され、視覚的にも確認することができます。

デジタル超音波設備診断器 SNP-PK は、電池で動作するポータブルタイプの超音波測定器です。
標準付属のエアプローブL50は、製品本体に装着して使用するほか、付属のプローブ延長ケーブルに接続して使用することもできます。その他、用途に応じた数種類のプローブが使用可能です。


コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器の各部名称



コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器の用途

■ 圧力漏れ、真空漏れ、圧縮空気の漏れの検知
■ スチームトラップ、バルブのチェック
■ アーク、トラッキング、コロナなどの電気機器の症状の検知
■ 軸受、モータ、ポンプ、コンプレッサーなどのチェック

配管等からのエア漏れの検知と場所の特定に

SNP-PKの豊富なセンサの使い分けにより、より繊細に測定箇所の特定が可能になります。


コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器の仕様

周波数

40 kHz付近

ディスプレイ

バックライトつきLCD

接続端子

プローブ接続端子/ステレオジャック端子

供給電源

単3型アルカリ乾電池 × 2本

動作電圧

2×1.5V

電池寿命

約24時間

自動電源オフ機能

約10分後

サイズ

本体:W85×H130×D30 mm

プローブL50:H52mm×∅22 mm

重量

約300g(L50プローブ装着時・電池を含む)

使用環境

-10℃~60℃(結露なきこと)

保管環境

-20℃~60℃(結露なきこと)

保護等級

本体:IP54準拠

プローブ:IP20準拠

指令

新EMC指令2014/30/EU 準拠

改正RoHS指令(2011/65/EU)準拠

付属品

取扱説明書(1)、遮音ヘッドフォン(1)、キャリングケース(1)、

ネックストラップ(1)、リークタグ(25)、エアプローブL50(1)、

アコースティックホーン(1)方向チューブ(1)、

延長ケーブル(1)

別売品

防水コンタクトプローブL51

スチームトラップ・プローブL52

フレキシブルエアプローブL53

高感度パラボラプローブL55

伸縮式延長用ロッドSNP-BAR

超音波発生器MJ-40UT

注意1:デジタル表示は、実際の漏れ量ではありませんので単位はございません。あくまでも目安とお考えください。
注意2:毒性の気体や爆発性の気体でのリーク試験には適しておりません。


コロナ放電探知器ソナフォンSNP-PK 配電盤内部高圧機器、各種モーター、高電圧トランスの絶縁劣化診断器 設備診断器のオプション(別売品)

■高感度パラボラプローブL55


高感度パラボリックリフレクターで、距離の離れた場所(最大20m先)の超音波信号(鉄塔の上のガイシなど)を捕らえることができます。目標ポイントを定め、赤色の照準ポインターで合わせます。

■防水コンタクトプローブL51

平面の超音波探査に特化した特別仕様のプローブです。防水性があり、水や湿気のある場所で使用できます。(使用後は、プローブをよく乾燥させる必要があります。)


■フレキシブルエアープローブL53

狭い空間で測定する場合に使用します。見通しの悪い場所で使用する場合には注意が必要です。


■伸縮式延長バー3.0m SNP-BAR

手の届かない場所を測定するには、延長用ロッドをプローブに装着して使用します。先端のクランプは回転が可能で、ケーブルの接続もできます。長さは約1.7m~3.0mまで延長が可能です。見通しの悪い場所で使用する場合には注意が必要です。