IMV 判定振動計マシンレフェリー VM-4431

クリックすると縮小します

IMV 判定振動計マシンレフェリー VM-4431

画像をクリックすると拡大します

ISO振動評価基準
「振動シビアリティ測定器に関する要求事項10816-3: 2009」で評価できる振動計
判定振動計 マシンレフェリーVM-4431はボタン一つで振動値を簡単に診断。初めての方でも安心
回転機械の内部故障予知に最適。

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード K-IMV-VM4431
振動計マシンレフェリー VM-4431
税別 147,000円
(税込 161,700円)

IMV 判定振動計マシンレフェリー VM-4431の特長

■ ポケットサイズ

ポケットサイズ
スマホサイズで手の平にすっぽり納まります。持ち運びも計測時も片手でOK!

■ 操作性の向上

操作性の向上 操作性の向上
操作は簡単で、診断したい設備にセンサを押し当てボタンを押すだけです。
手袋をはめた状態でも押しやすい大きなボタンと、暗所でも見やすい大画面で操作性も向上します。オプションの壁吊りマグネットで固定すれば両手が使えます。
またイヤホンを装着して音を聞きながらの測定も可能です。

■ 楽々データ管理

データビューワステーション
データビューワーステーション(フリーソフトウェア)を使用して、各監視ポイントごとのデータを管理できます。

本体に保存したデータをPCに取込み、測定データの表示管理ができるPC用ソフトウェアです。( 弊社サイトから無料でダウンロードできます。)※近日公開

■ 一目瞭然のISO評価基準

「Good」「Satisfactory」「Alert」「Danger」のアイコンで判断基準が初心者でもすぐわかります。

ISOの振動シビアリティとは?

回転機器設備におけるコンディションの総合判断に広く用いられています。
現在のISO規格では10816-3: 2009中で速度のrmsの絶対判定値の記載があります。

対象機械は2つの大きなグループに分かれています。

【グループ1】大型機械 出力:300 kW ~ 50 MW、シャフト高さ:315 mm以上
【グループ2】中型機械 出力:15 kW ~ 300 kW、シャフト高さ:160 mm ~ 315 mm
図:振動シビアリティ測定器に関する要求事項 10816-3:2009
振動シビアリティ測定器に関する要求事項

様々な異常現象の判定と振動値の関係

マシンレフェリーは判定機能以外にも、4 つの振動値を測定できます。
各数値を注視することで、 どんな異常現象が発生しているか判断できます。

ベアリング傷、異音、ギア異常、キャビテーション等が発生!!

→エンベロープ加速度、加速度の数値が上昇

アンバランス、ミスアライメント、すべり軸受不良、基礎不良、インペラー振動等が発生!!

→速度の数値が上昇

サージング、ウォーターハンマ、地盤振動、バイブの脈動が発生!!

→変位の数値が上昇

IMV 判定振動計マシンレフェリー VM-4431の使用例

モーターの点検に
振動計マシンレフェリーの使用例
工作機械の状態診断に
振動計マシンレフェリーの使用例

IMV 判定振動計マシンレフェリー VM-4431の仕様

項目 仕様
周波数範囲 加速度 5~10 kHz
速度 10~1000 Hz
変位 10~1000 Hz
計測モード 加速度 RMS, EQ PEAK
速度 RMS, EQ PEAK
変位 EQ PEAK, EQ P-P, RMS
エンベロープ関数
判定機能 ISO 振動シビアリティ判定(ISO 2954: 2012)
内蔵メモリ フラッシュメモリ 16GB
ディスプレイ TFT カラー液晶
表示項目 電池残量、メモリ残量、計測値レベルバー、時計
出力インターフェース Φ3.5 ミニジャック(振動波形出力)/USB Type-C(データ転送機能)
電源 単3 乾電池2 本、USB アダプタ電源
本体寸法 130 (H) x 67 (W) x 28 (D) mm(突起部含む)
質量 約 230g(電池含む)
使用温湿度範囲 -10~+50℃ 90%RH以下
認証 CEマーキング(EMC指令)
標準付属品 本体、ピックアップ(1.5m ケーブル付属)、マグネット、ピックアップ用プローブ、ラバージャケット、USBケーブル、出力ケーブル、単3電池、取扱説明書、キャリングケース

オプション品

ACアダプタ ピックアップ用短プローブ
TVM-4-B372
壁吊りマグネット
A16
ACアダプタ ピックアップ用短プローブ 壁吊りマグネット

関連カテゴリ

試験器 > 振動計