サトテック

風向風速計+表示器セットHJ-WL21 サトテック

クリックすると縮小します

風向風速計+表示器セットHJ-WL21 サトテック

画像をクリックすると拡大します

サトテック風向風速計HJ-WL21がおすすめ!風向と風速を測定するワイヤレス風向風速計(無線通信距離最大500m)現在風速値/平均風速値/最大風速値/風向/気温/大気圧を測定・記録
風向風速計HJ-WL21がおすすめ。無線式のためケーブルの配線工事が不要
測定データを記録。Excel形式で簡単に出力可能
■風速測定範囲:0.3m/s ~ 50m/s
■風向:0~360°で記録
■温度測定範囲: -30°C 〜 60°C
■大気圧測定範囲: 500〜1100 hPa

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX 各種お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード KAM-031-11
即納
風向風速計+データロガー表示器セットHJ-WL21 サトテック ※マグネット式ブラケット付
税別 178,000円
(税込 195,800円)

風向風速計+表示器セットHJ-WL21 サトテックの特長

無線通信により風速・風向の計測が可能

最大無線通信距離は約500m(※設置環境によって変動します)
無線式のためケーブルの配線工事が不要。
無線は無資格、無審査で使用可能。

測定データをExcel形式で簡単に出力

Excelファイルにて、風向、平均風速、最大風速、気温、気圧のデータ記録可能

現在風速値/平均風速値/最大風速値/風向/気温/大気圧を測定・記録

風速測定範囲:0.3m/s ~ 50m/s
風向角度:0~360°
温度測定範囲: -30°C 〜 60°C
大気圧測定範囲: 500〜1100hPa

最大1年間の長期データ記録(10秒間隔記録時)

最大記録数:300万データ(1分間隔記録時約6年分)
記録間隔:2秒/5秒/10秒/1分/5分/10分/60分から設定

-20℃でも使用可能な風杯センサー

-20℃~40℃で使用可能な風杯センサー
風杯センサーの防塵防水規格:IP67

アラーム機能あり

アラームのON/OFF、アラームの閾値を設定可能

測定画面の切替が可能(測定メイン画面、平均・最大値画面、ヒストリー画面、チャート画面)

表示ユニットで現在と過去の測定データを確認可能
チャート画面では風速をバーゲージ形式(LV.1~LV.12)で表示

風杯センサーの設置方法

風杯センサーは磁性のある箇所に固定するだけの簡単設置

①付属の六角レンチでマグネット式ブラケットのクランプを緩めます。
②センサーをクランプの下から挿入し、クランプを締めます。
③風杯をセンサーに「カチッ」と音がするまで取り付けます。
④ブラケットを磁性のある箇所に固定します。

組み立て、取り付け方法

風向風速計+表示器セットHJ-WL21 サトテックの仕様

ワイヤレス風向・風速センサー
周波数 920.9 MHz - 927.7 MHz
伝送距離 最大500m(使用環境による)
測定レート 2秒毎
電源 18505 3.6 V(リチウムイオン電池×1)
IP規格 IP67
使用(保管)環境温湿度 使用 温度:-20 ℃~ 40 ℃ 湿度:20 %RH ~ 80 %RH
保管 温度:-20 ℃~ 60 ℃ 湿度:20 %RH ~ 80 %RH
サイズ 高さ300 mm×幅200 mm 径:∅33 mm
重量 約172 g
表示ユニット
アラーム音量 アラーム音量80 dB以上
メモリ容量 64 MB
出力形式 .xlxs/.xls
サンプリング時間 2秒/5秒/10秒(初期設定)/1分/5分/10分/60分
電源 1.5V AA (単3形乾電池×3またはmicroUSB供給)
電池寿命 ワイヤレス風向・風速センサー:約2年
表示ユニット:約3ヶ月(LCD非表示の場合)
使用(保管)環境温湿度 温度:0 ℃~ 40 ℃
湿度:80 %以下(結露なきこと)
サイズ 高さ190 mm×幅76 mm×厚さ36 mm
重量 約290 g
標準付属品 ワイヤレス風速・風向センサー、風杯、表示ユニット、アンテナ、
表示ユニットホルダー、マグネット式ブラケット、
テスト電池(単3形乾電池×3)、リチウムイオン電池(×1)、六角レンチ、
マグネットシール(丸型×2、四角型×1)、USBケーブル
風速計 仕様
単位 レンジ 分解能 精度
m/s(初期設定) 0.3m/s~50m/s 0.1m/s ±(2%FS)
風向計 仕様
角度 分解能 精度  
0°~359°(空白域なし) ±1°
温度計 仕様
単位 レンジ 分解能 精度
-30℃~ 60℃ 0.1℃ ±1℃
大気圧 仕様
単位 レンジ 分解能 精度
hPa(初期設定) 500hPa~1100hPa 1 hPa +4 hPa

無線通信の種類はWi-SUN(ワイサン)使用
無線通信Wi-SUN(ワイサン)とは、Wireless Smart Utility Networkの略称。
Wi-Fi、BluetoothといったGHz帯の規格よりも、障害物の回り込みに強い特性があります。
また、Wi-Fiよりも通信距離が長く、LoRaやSigfoxよりも高速な通信が可能です。
その他にも、基地局が必要ない(LoRa や Sigfox は基地局が必要)、チャンネル数が多いため電波干渉に強い等の特性があります。